婦人

自信を持っている美容外科医が多数存在|美容外科で施術を受ける

自分に合った方法で解消

フェイス

日々の生活を重ねていると、最近肌のはりがなくなってきた、なんだか老けて見えてしまう、と感じてしまうことがあります。それはもしかしたら、頬のたるみが原因かもしれません。頬のたるみはなぜ起こるのでしょうか。原因としては、老化、紫外線によるダメージ、生活習慣の乱れ、肌の乾燥などが挙げられます。その他の原因で大きなものは、姿勢の悪さです。背中が丸くなるいわゆる猫背は、顔が前に突き出されている状態です。顔が前に出るということは、首の後ろの筋肉が縮み、前の筋肉が伸びることになります。首の前の筋肉が伸びると、頬の筋肉が下に引っ張られることになるので、頬のたるみの原因となります。手軽にできる改善法として、姿勢を正すことはとても有効的です。

たるみを改善するには、姿勢を正す他に、生活習慣の改善や日焼け対策、肌の乾燥を防ぐことなどが有効です。しかし、老化による皮膚や筋肉の衰えは個人の対策では補いきれません。そんな時は、専門のクリニックに相談するのも一つの方法です。たるみ解消の施術には、大きく分けて切開する方法と切開しない方法があります。最近では、切開しない方法が人気で、レーザーを使用したりプラセンタやヒアルロン酸注射をするという方法などがあります。レーザー治療の中には超音波でたるみを取るという施術もあり、短時間の施術ですむことや、効果が長期間持続することなどから人気の高い施術方法です。本格的な治療を受ける時間や余裕がない方でも、普段の生活の中で少し意識して気をつけるだけでも違ってきます。自分に合った方法でたるみ解消を目指しましょう。